ランプ訪問看護ステーション|訪問看護で在宅生活を支援します。

〒650-0025
兵庫県神戸市中央区相生町5丁目10番18号 シティビル神戸903号室

ランプ訪問看護ステーション TEL:078-335-5805

ランプケアプランセンター TEL:078-954-9620

訪問看護日誌blog

トルコ料理☾☆

2020.01.22

こんにちは。作業療法士の清水です。

先日初めてトルコ料理を食べにいきました。

お肉料理などいただいたのですが、トルコ自体がイスラム教国であるため豚肉はほとんど用いられないそう。また、トルコの気候が肉牛の飼育に適していないので牛肉もあまり使われず、羊肉や鶏肉が使われるようです。 ヒツジやニワトリの肉を使った焼肉料理はケバブ と言い、串焼きにしたシシュケバブ、ヨーグルトを添えて食べるイスケンデルケバブ、挽肉を用いたアダナケバブなどが有名だそうです。たしかに、お肉メニューはヒツジとトリがほとんどでした!

デザートには、トルコアイス♡

のびるアイスで日本でも有名ですね!

トルコアイスの原料は主に、羊乳、砂糖、そして「サーレップ」と呼ばれる粉です。サーレップとはラン科の植物で、その球根からトルコアイスの原料となるサーレップの粉を作ります。
サーレップは、胸焼け解消や消化作用促進する効果があると言われています。体に良い原料が使われているようですね。
日本で売られているものはサーレップが使われていないことが多いため、現地のトルコアイスとは別物の、トルコ”風”アイスとして考えられているようです。初めて知りました!
トルコアイスが伸びるようになった背景は、トルコの”気温”にあるよう。地域によっては40°を超えるところがあるトルコではアイスを食べようとすると、暑さで溶けてしまいます。

そこで、暑さの中でも食べられるように溶けにくいトルコアイスが生み出されたと。
伸びる秘訣は、先ほど原料の時にも述べた「サーレップ」にあります。サーレップをトルコアイスに混ぜることで増粘効果があり溶けにくくなるようです。

今回は三宮の「ムラート」というお店にいきました。

どのお料理もとても美味しかったです。

 

▼参考文献

https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28003294/ 

https://ja.wikipedia.org/wiki/トルコ料理

トルコアイスはなぜ伸びる? 人気のトルコアイスの材料・作り方、東京都内のお店をまとめてチェック!

PAGE TOP